2009年02月27日

樹脂用突っ切りバイト

こんなの作りました↓

DSC01447.JPG

大型カッターの刃を折って挟み込みます.
アルミのボディに4mmのネジで横から押さえてますが,
ネジを締めすぎるとアルミがたわんでしまいます.

樹脂くらいの硬さのものなら,こんな感じで使えます.

DSC01438.JPG

実験結果↓

DSC01445.JPG


買ったほうが確実かもしれませんね・・・


posted by cpu4edu at 13:48| Comment(0) | 日記

ベアリング押さえ用のナット

削りました.2種類×各4個.

DSC01450.JPG
posted by cpu4edu at 13:46| Comment(0) | 日記

2009年02月25日

ジャパンロボテックのエンコーダ付モータ+ギヤヘッド

買いました↓

DSC01408.JPG

タミヤのスパイクピンタイヤセットにあいます.

DSC01410.JPG

ただし,取り付け穴があいません.

DSC01412.JPG

モータサイズが同じくらいなので,ギヤヘッドが交換できないか?と思ったのですが,
ダメでした.

DSC01415.JPG

まあ,取り付けはどうとでもなります.
早速回してみました.

DSC01416.JPG

動画もあります.抵抗をかけても電流があまり増えず,モータ2個で4kgくらいのものは
乗せて動かせそうな感じ.

動画はこちら.


12パルスエンコーダ付DCモータ(RDO-29BMA)



posted by cpu4edu at 13:44| Comment(0) | 日記

2009年02月24日

2mm -> 1.5mm 軸の変換方法,樹脂ピニオン加工

2mm -> 1.5mm 軸の変換方法です.
樹脂ピニオンを加工してみます.

樹脂のピニオンと2mmのアルミ棒↓

DSC01377.JPG

適当な長さにアルミ棒を切って圧入します.

DSC01378.JPG

旋盤でピニオンを半分くらい削り,1.5mmで穴を開けます.

DSC01379.JPG

横からも1.5mmで穴をあけ,1.7mmのネジで締め込めばそれなりの強度で止められます.
(強度不足なら横穴の径と止めネジの径を加減すればたぶん大丈夫)
コンパクトにできました.樹脂ピニオンは安価にいろんな径がそろうのでお手軽です.

DSC01385.JPG

posted by cpu4edu at 13:42| Comment(0) | 日記

2009年02月23日

100円ボディの即席400クラスラジコンボート

自律型のソーラーボートを作りたいと思ってるのですが,
ボート自体を作ったことない(子供のとき作ったゴム動力は除く)ので,
400クラスモータでラジコンボートを即席で作ってみました.
昨日ホームセンターによって,
レインボープロダクツ(http://www.powers-rainbow.com/)
スクリュー,棒付き舵,ジョイントを買ってきました.

100円ショップの小物入れに穴を開けて舵とスクリューを仕込みます.

DSC01328.JPG

箱のままじゃあんまりなので,船首を発泡スチロールで加工.

DSC01329.JPG

大まかな形ができました.

DSC01333.JPG

サーボとアンプとアンテナ,防水まで終わったところ.
取って付きのボートができあがりました.

DSC01348.JPG

船尾の写真.こんな感じです.これで良いのかどうか?
操縦できるのかさえわかりませんが・・・

DSC01349.JPG

早速,進水式.学校の玄関前のコイの池です.(管理課に見られたら怒られるかも)

DSC01341-2.JPG

製作時間は4時間.
即席で作ったつもりが,かなりイイです.
スピードも操作性もバッチリ.
実験したらバラスつもりでしたが,このまましばらく遊べます.

プールでも遊んでみました↓
DSC01373.JPG

舵とスクリューの動画

ラジコンボート試運転の動画

プールでフルパワー

こちらにまとめ


posted by cpu4edu at 16:26| Comment(0) | 日記