2008年05月29日

結局,行き着くところは同じ.

マイクロマウス用の光センサの実験をしました.
1)最初,単純にLEDと,フォトトランジスタと抵抗の直列回路とで反射光の検出.
2)オペアンプによる信号増幅の実験.
3)バックグラウンドの影響が大きいようなので,光りをパルス化してバックグラウンドの影響を確認する実験.
4)可視,赤外,LED,フォトダイオードペア,反射型フォトセンサなどで同様の実験.
4)長距離検出するには,光パワーをあげなければならない,ということで,光源をパルス駆動で定格以上の電流を流して応答を見る実験.
5)パルスの大電流が電源へのノイズ源になってしまうので,電解コンデンサと抵抗(チョーク?)でLEDの駆動電源をわける.
6)電解コンデンサによるパルス駆動なので電圧レベルの変動を考慮して,オペアンプの出力をホールド.
7)A/Dコンバータの変換時間を考慮して,センサの応答速度とパルス幅,デューティ比の検討.

と実用性を上げるために順に回路素子を追加していったら,いわゆる(森永様の)Basicmouseと似たような回路になりました.
結局,行き着くところは同じでした...
でも実験したおかげで,少し手を抜ける場所や,工夫すべき点などは見えてきました.

DCF_0365.JPG
posted by cpu4edu at 11:53| Comment(0) | 日記

2008年05月27日

PICでバイポーラ型のステッピングモータを回してみました.

昨日の続き.
PICでプログラムを組んで,バイポーラ型のステッピングモータを回してみました.
1相,2相励磁の切り替えと,ステップ動作と,スピードの加減速ができるようにしました.
DCF_0346.JPG

プログラムはこちら.
posted by cpu4edu at 11:51| Comment(0) | 日記

2008年05月21日

第18回(2008年)マイクロマウス九州地区大会のご案内

お知らせです.
第18回(2008年)マイクロマウス九州地区大会が開催されます.
現時点で決まってることを,フリーページのお知らせにのせました.
(じき,ニューテクノロジー振興財団様からもアナウンスがあると思います)
ご意見,ご要望等ございましたら,お金とマンパワーと能力の許す限り対応いたします(されると思います...)ので,ご遠慮なくお寄せください.

−−追記−−
ニューテクノロジー振興財団のHPにも,案内がUPされました.
http://www.robomedia.org/directory/jp/ntf-HP/mouse/tiku/08-07.html

九州地区の過去の大会はこちら
posted by cpu4edu at 11:48| Comment(0) | 日記

2008年05月06日

コンピュータの構成と設計

本の紹介


posted by cpu4edu at 11:43| Comment(0) | 日記